삼육대학교

사이드바 영역

로컬 네비게이션 영역

大学生活

본문 영역

大学生活

成績評価

学業成績は次のように記載される。

等級別点数及び評点換算表

等級別点数及び評点換算表
等級 点数 評点 等級 点数 評点
A+95-1004.50A90-944.00
B+85-893.50B80-843.00
C+75-792.50C70-742.00
D+65-691.50D60-641.00
F59以下0FA欠席による落第0
  • 平均評点によって順位を決める際に同点者がいる場合は、取得単位が多い順、専攻必須、教養必須、 専攻基礎、学問の基礎、専攻選択、一般選択科目の成績が良い順に百点満点で処理する。
  • すべての科目の成績の割合は、次のように相対評価にする。
Students' grade distribution will follow relative evaluation
A 以上 30%以下B∼B+ 20∼80%C+ 以下 20% 以上

ただし、 4年生(建築学科は5年生)の専攻必須、(組別)実験実習科目及び受講人員が9人以下の科目は次のように評価する。

ただし、 4年生(建築学科は5年生)の専攻必須、(組別)実験実習科目及び受講人員が9人以下の科目は次のように評価する。
A以上 40%以下B∼B+ 10∼90%C+以下 10%以上
  • 教職科目は
Teaching course
A以上 30%以下B+ 以下は 70 ∼100%

ただし、演劇、合唱及び労作など集団教育科目や卒論、専攻実技などの個別指導科目、外部委託による実習科目、教養聖書科目、外国語で講義する科目(教養の国際化領域科目、英米語文学部、東洋語学部の科目は除く)、建築学科の専攻必須の中で設計科目などは相対評価を行わない。実用英語は2 科目分の単位を取得すれば、実用英語 Ⅰ、Ⅱを履修したと認め、相対評価を行わないが、成績は同様に AからFで評価する。